女性も無関係ではない・女性のAGAについて

AGAは、男性ホルモンや遺伝が原因で生じる症状なので、男性がなるものというイメージが強いかもしれません。確かに男性に多く起こる症状ですが、女性でも起こるケースがあります。

女性のAGAは男性のAGAと区別するために、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。女性の身体で働くのは女性ホルモン、男性の身体で働くのは男性ホルモン。

そう思っている人もいるかもしれませんが、男性と女性とでは分泌量は異なりますが、女性の身体にも男性ホルモンが、男性の身体にも女性ホルモンは存在します。

女性も無関係ではない・女性のAGAについて

そのためAFGAの場合は、女性の体内に存在する男性ホルモンが原因で、AGAの症状が出て出てきます。ただし、男性ホルモンの分泌量自体は少なく、また女性ホルモンには髪を育てる働きがあるため、男性ほど目立った症状は現れません。

ですが加齢やストレス、無理なダイエットなどが原因で女性ホルモンのバランスが崩れてしまった際に、男性ホルモンが強く働いてしまうケースがあります。

他にも妊娠、出産中も女性ホルモンのバランスが崩しやすい時期なので、FAGAの症状が出るケースがありますが、出産後の日常生活の中で、徐々に改善していくケースがほとんどなので、あまり悩み過ぎないようにして下さい。

女性の場合は、男性のように頭頂部や生え際が局所的に薄くなる事はなく、髪の毛全体が細くボリュームが減ります。ですが男性よりも症状自体は軽いと言っても、女性の方が、男性以上に、FAGAの症状を改善したいという気持ちは強いでしょう。

女性の場合は、FAGAの原因を取り除く事ができれば、男性よりも改善が早いと言われていますから、原因を追究し、ライフスタルを見直しましょう。